サーフボードに乗ってみる

海に入る前に
初めてサーフィンに挑戦する場合は遠浅で足のつくビーチがお勧めです。最初は長時間ボードに乗り続けられるわけではないので、腰くらいの深さのポイントで練習を行います。

ボードは長めで浮力のあるものを準備しましょう。サーフィンは思っている以上に難しいスポーツです。最終的にショートがやりたい人も、テイクオフが出来るまでくらいはファンボードなどの浮力のあるボードで練習することをお勧めします。

準備が整ったら海に入る前に十分にストレッチを行って下さい。浅瀬での練習とはいえ、海に入る前はしっかりと準備運動を行いましょう。
リーシュを付ける
十分に準備運動を行ったらいよいよリーシュコードを足に装着します。リーシュコードはボードから落ちた際にボードが流されてしまわないための流れ止めの役目を果たします。リーシュコードは後ろ足の足首に装着します。通常サーフィンでは効き足(ボールを蹴る足)が後ろ足になります。

リーシュを装着したら、海に入ってみましょう。
サーフボードに乗ってみる
まずはサーフボードに腹ばいになるように乗ってみましょう。初めて乗る場合は左右のバランスだけでなく前後のバランスも難しいと思います。ちょっとウネリが来ただけで板が斜めになったり、ボードから落ちそうになるかもしれません。
安定する姿勢
それではボードが安定する姿勢を意識して乗ります。まずボードの中心がどこかを知ります。左右の中心はセンターのストリンガー(木で出来た補強材)です。体がストリンガーの真上にくるように左右の中心に乗ります。

次に前後の中心です。両サイドのレールを持ってボードを沈めるように押してみます。海面に対して平行に保てる位置があると思います。そこが板の前後の中心です。前後の中心にお腹(おへその辺り)がくるように乗ります。

ボードのセンターに腹ばい乗ったら、少し背中を反ってみましょう。お腹でバランスを取ります。面ではなく点でバランスを取る感じです。どうでしょう?少し安定したでしょうか?

大丈夫そうなら2,3回クロールの形で漕いでみましょう。やはり初めは左右にふらつくと思います。