パドル・パドリング

パドリングとは?
サーフィンではサーフボードの上に立った状態で乗っている時間は意外と短く、ボードに腹ばいになって移動していたり、ボードに座って波待ちしている時間が大半を占めます。腹ばいになって移動する際に水泳のクロールのように腕を使ってボードを漕ぐ動作をパドリングといいます。沖に出る際にパドリングします。テイクオフの直前にもボードを加速させるためにパドリングします。パドリングはサーフィンにおける基本動作です。
パドリングの基本姿勢
ボードの中心にお腹(おへその辺り)がくるように腹ばいになります。腹ばいになった状態で背中を反って、お腹でバランスを取ります。面ではなく点でバランスを取る感じです。足を閉じ、胸を張った状態でパドリングします。

1. 前後のバランス

前後のバランスは、ショートボードの場合はボードの先端が水面から数センチ出る程度に保ちます。浮力の少ないショートボードではボードが進む際に(進行方向に向く)推進力だけでなく(上方向に向く)揚力も必要になります。ボードを立てすぎると今度は抵抗になってしまうので、(ロッカーなどの特性にもよりますが)ボードの先端が水面から数センチ出る程度を目安に保ちます。

2. 左右のバランス

左右のバランスは、パドリング中も出来るだけ上下運動しないように水平を保ちます。左右方向にローリング(上下運動)してしまうと、進行方向へ進もうとする推進力が分散されてしまい、パドリングで得た推進力を効率良く伝えることが出来ません。パドリング中は出来るだけ水平を保つように気をつけます。

3. 背中を反る

パドリングの際はしっかりと背中を反って目線は前方を見ます。背中を反らないでボードに張り付いた状態だと肩と腕だけでパドリングすることになります。背中を反ることにより、背中と胸の筋肉を使ってパドリングすることができます。大きな筋肉を使うことにより、力強く、持久力のあるパドリングを行うことができます。

4. 足を閉じる

慣れないうちはバランスが取り易いのでついつい足を開きがちになります。足を開いてバランスを取ろうとすると軸が分散してしまい、ボードが左右方向にローリング(上下運動)してしまいます。ローリングによって推進力が分散されてしまいまうので足を閉じることを意識しましょう。慣れてくると足を開かなくてもバランスを取ることが出来るようになります。
パドリングの動作
パドリングは水泳のクロールと同じです。腕だけで漕ぐのではなく肩の付け根から力強く漕ぎます。少しヒジを曲げた上体でボードの下を漕ぐと効果があります。パドリングは手で水を押すことにより推進力を得る動作なので、腕が疲れないようにといって水との抵抗が無いように漕いでは意味がありません。手の平は小さく閉じるのではなく、しっかりと水をかけるように構えます。水中から腕を抜く直前までしっかりとパドリングします。
パドリングのコツ
静止した状態から動き出す瞬間にエネルギーが必要です。一旦動き出すとその動きを保つのは比較的楽なので、動きを止めないようにテンポ良くパドリングすることを心がけましょう。パドリングは必要以上に力を入れても効果はありません。必要以上に早く漕いでも効果はありません。疲れないように効率よくパドリングすることが重要です。