スープに押される

パドリングの基本を理解したところで、次は波に乗る感覚を覚えましょう。この練習も遠浅で足のつくビーチで行います。波がくずれた後に出来るスープを利用して練習します。
スープとは?
波がくずれた後に出来る白い泡状の波をスープと呼びます。このスープがパワーを持っているので、サーフボードに乗る練習に適しています。中には長時間続くスープも多いので、最初はこのスープを利用して練習を行います。

スープとは?
地面を蹴る
腰くらいの深さのポイントで板を海に浮かべた状態で岸方向を向いてスタンバイします。沖からスープが近付いて来たら、地面を蹴ってサーフボードに腹ばいに飛び乗ります。

この蹴り出した勢いでスープに乗ります。蹴り出すタイミングが早すぎるとスープが追いつくまでに勢いが止まってしまいます。反対に蹴り出すタイミングが遅いとスープに追い越されてしまうので、適度なタイミングを見計らって地面を蹴り出すことが重要です。
板が滑り出す
サーフボードに腹ばいに飛び乗るとサーフボードから落ちないようにすぐにバランスを取ります。状態が安定したら、推進力を補う為にパドリングを行います。スープが追いつくとググッとサーフボードが押され、続いてスーッと板が滑り出す感覚があります。これが波に乗った瞬間です。
スープに押される
板が滑りだすとパドリングをやめて手を胸の横辺りにつきます。この際にレールを掴むと水の抵抗になってしまうので、サーフボードの上につくようにします。腕を伸ばして上体を持ち上げます。これがテイクオフ直前の形です。今はまだ立たなくても大丈夫です。この状態で出来るだけ長くスープに乗りましょう。スープが消えるまで乗れれば成功です。

スープに押される

コツはサーフボードに飛び乗る際にすぐに次のアクションに移れるベストポジションに乗ることです。サーフボードに乗った後のバランスが悪いとスープにめくられてしまったり、バランスを取っているうちにスープに追いつかれてしまいます。スタンバイの段階でレールの前後の中心を持ち、飛び乗ってすぐに手と手の間にお腹が来るように心がけると、ベストポジションに乗りやすいです。何度も練習を行って体で覚えましょう。

最初はサーフボードの上に立たなくてもスープに押されるだけで楽しいです!慣れてきたら左右に体重をかけてサーフボードを左右に振ってみましょう。
パドリングでスープに乗る
スープに押される感覚、サーフボードに乗るポジションを覚えたら、次はパドリングでスープに乗ってみましょう。基本的には同じ練習です。先ほどまでは地面を蹴った勢いを利用してスープに乗っていました。今回は地面を蹴る勢いを利用せず、パドリングだけでスピードを稼ぎます。

先ほどより早いタイミングでサーフボードに腹ばいになります。スープが近付いてくる数メートル手前からパドリングを開始します。だんだんとパドリング速度を上げて行き、スープが追いつく頃には十分にスピードを付けておきます。最初はパドリング速度が遅いので誰か人に押してもらうのも良いでしょう。最終的に沖に出て波に乗る際はパドリングで乗ることになるのでこの練習も大切です。