スープで立ってみる

スタンス
スープに押される感覚を掴んだら、ボードの上に立ってみましょう。まずは立ったときの姿勢から。サーフィンは横乗り系のスポーツなので片方の足が前、片方の足が後になります。 左足が前、右足が後をレギュラースタンス、右足が前、左足が後をグーフィースタンスと呼びます。 通常は効き足(ボールを蹴る足)が後ろ足になります。

レギュラースタンス左足が前、右足が後
グーフィースタンス右足が前、左足が後

足はストリンガーの上に置きます。前足を少し開いた状態で肩幅よりやや広めに開きます。前足はボードのセンターより少し前、後足はフィンの上(デッキパッドの上)辺りにおきます。

足を開いたらヒザを曲げて重心を落とします。最初はどうしても棒立ちになりがちですがバランスを取るために重心は低く保ちます。上体は背筋が丸まらないように真っ直ぐに伸ばします。無駄な力を入れずリラックスした状態を取ります。
スタンドアップのタイミング
スープに押される姿勢が安定してきたら、そのスピードを保ったままボードの上に立ってみましょう。スタンドアップのタイミングは完全にサーフボードが波に乗ってからです。立ち上がるタイミングが早いと波においていかれてしまうのでボードが滑り出すまではしっかりとパドリングを行います。
スタンドアップ
胸の横辺りに手をついて腕を伸ばして上体を持ち上げます。目線は下を向かず進行方向を見ます。レールを掴むと水の抵抗になってしまうので手はサーフボードの上につきます。ここまではスープに押される練習と同じです。

この状態から一気に立ち上がります。

前足はヒザが胸に当たるくらいの意識で一気にひきつけます。ひきつけた前足はボードのセンター、ちょうどついている手と手の間辺りに持ってきます。

立ち上がる際はヒザをつくのではなく、腹ばいの状態から一気に立ち上がります。後足をついてから「よいしょ」と前足を持ってくると後荷重になってしまうので、前足と後足は同時に立ち上がります。

両足が決まったら手を離して立ち上がり、ライディング姿勢を取ります。

スタンドアップ

スープはぼよつくので長く乗るのは難しいです。今はスタンドアップに慣れるのが目的なので、ロングライディングが出来なくてもあまり気にしなくても大丈夫です。
バランスが大切
どうでしょう?立ち上がることは出来たでしょうか?このスタンドアップが誰しもが最初にぶつかる壁だと思います。最初はバランスを取るのが難しく、手をついた状態から手が離せなかったり、立ち上がってもサーフボードから落ちると思います。

- 左右に落ちる

サーフィンは横乗り系のスポーツなので、最初は(進行方向に対して)左右のバランスも難しいと思います。手をついた際に左右均等に体重をかけるように意識しましょう。立ち上がった際にストリンガーの上に足が来ているか確認しましょう。

- 手をついた状態から手を離すことが出来ない

しゃがみこんだまま手を離すことが出来ない場合はサーフボードが不安定です。完全に波に乗りきるまでは安定しないのでしっかりとサーフボードが滑り出すまでパドリングしましょう。サーフボードに乗る位置、手を付く位置、足を置く位置も確認して下さい。

- パーリング

サーフボードがノーズから刺さる状態をパーリングと呼びます。重心が前方にあり、波にテールを持ち上げられた際にノーズが海面に刺さってしまいます。全体的に前方に乗っているか、手をつく位置が前過ぎます。

- 波に乗り遅れる

重心が後にあると波に乗ることができず置いていかれてしまいます。全体的に後に乗っているか、スタンドアップの際に前足が十分前に来ていない、後足を先についているなどが考えられます。
陸トレ
スタンドアップはいかに早く動作を行えるかが重要です。手を付く位置、両足のスタンス、スタンドアップの姿勢は考えるのでは無く体で覚えます。そのためにも陸トレは非常に効果的です。家の中でも練習が出来るので、頭で考えなくても体が動くようになるまで繰り返し練習しましょう。