サーフボード

サーフボードは大きく別けてショートボード、ロングボード、ファンボードの3種類に分類されます。
ボードによって特徴が違います。サーフィンのスタイルによって使うボードも変わってきます。
ショートボード
ショートボード 170cm〜200cmの短いボードです。先端が尖っていて全体的に細くシャープなアウトライン。板が小さく軽いので、カットバック等の細かなアクションから大きなターンまで様々なライディングが楽しめます。操作性がある反面、浮力が少ないのでパドリングスピードが遅くバランスの難しいボードです。
ロングボード
ロングボード 300cm前後の長いボードです。浮力があるのでパドリングスピードが速く、安定したライディングが可能です。テイクオフが速く、ブレイクしない小波でも乗ることができます。ショートボードのような操作性はありませんがノーズライディングやゆったりとしたクルージングが楽しめるボードです。
ファンボード
ファンボード ショートボードとロングボードの中間に位置するボードです。ショートボードよりもテイクオフが速く、ロングボードよりも操作性があります。比較的新しい板で、最近はこのファンボードからサーフィンを始める人が増えてきました。初心者に人気のボードです。ショートボードよりも浮力があるので、ショートボードには厳しい小波の際に使っている人もいます。
サーフィンは思っている以上に難しいスポーツです。特にテイクオフ(ボードに立つまで)が最初の難関です。初心者は浮力のあるファンボードやロングボードから始めることをお勧めします!!!