波の名称

波の各部にはそれぞれ名称があります。波情報を読む上で知っておく必要がある単語ですのでここで説明します。
ウネリ
ウネリ

海洋上で吹いた風によって海面にさざ波が立ち、その小さなさざ波がいくつも集まってウネリとなります。ブレイクする前の状態です。はるか彼方の海洋上からやってきたウネリが水深の浅い場所まで来るとブレイクし、サーフィンに適した波になります。
セット
セット

波は数個単位でまとまってやってきます。これをセットと呼びます。セットの最後の波が終わるとしばらくフラットな状態が続き、そしてまた次のセットがやってきます。大勢の人が一斉に1つ目の波に向けてパドリングを始めるようであれば、1つ目の波は見送って2つ目以降に乗るのも狙い目です。ゲッティングアウトの際は逆にセットとセットの間のフラットなタイミングを狙います。
レギュラー / グーフィー
レギュラー
レギュラー
グーフィー
グーフィー

岸に向かって右に崩れる波をレギュラー、左に崩れる波をグーフィーと呼びます。サーフィンは横乗り系のスポーツなので 『つま先側のエッジで乗る』 と 『かと側のエッジで乗る』 になり、レギュラーとグーフィーでは人によっては得意不得意が出てきます。どちらも乗れるように練習しましょう。
リップ
リップ

波が崩れ始める部分をリップと呼びます。波の中で最も高い部分でパワーがあります。
トップ
トップ

波がこれから崩れようとする部分をトップと呼びます。トップをスライドする技をフローターと呼びます。
ボトム
ボトム

波の下にある平らな部分をボトムと呼びます。トップからフェイスを滑り降り、ここでターンして波に戻るアクションをボトムターンと呼びます。ボトムターンは全てのマニューバーにつながるサーフィンの基本ターンです。
フェイス
フェイス

トップからボトムまでの波の斜面をフェイスと呼びます。サーフィンで滑るメインの部分です。アップスンを行って加速する場所でもあります。
ショルダー
ショルダー

トップから少し離れたまだうねりの部分をショルダーと呼びます。このショルダーが切り立って波がブレイクします。ここでターンしてフェイスに戻る技をカットバックと呼びます。
スープ
スープ

波が崩れた後に出来る白い泡状の部分をスープと呼びます。パワーを持っているので初心者の練習に適しています。
カレント
岸に押し寄せた波が沖に戻る際に出来る流れをカレントと呼びます。ブレイクする波と波の間や、横にある防波堤との間に出来ます。このカレントを利用してゲティングアウトしますが、カレントがキツイ場合は沖に流されてしまうので注意が必要です。