ワックス WAX

スキー、スノーボードをイメージするとワックスは滑りを良くするために使うアイテムですが、サーフィンでは滑り止めとして使用します。ライディング中にスタンスが滑らないようにするのはもちろん、他にもスタンドアップで手が滑らないようにするなどワックスは重要なアイテムです。
ワックスの種類
ワックスの種類

ワックスは硬さによって何種類かに別れます。程よい柔らかさで最もグリップするように作られているので、気温水温の大きく異なる夏と冬では使うワックスの硬さも変わってきます。柔らかい冬用のワックスを夏に使うと暑さで溶けてしまいます。逆に硬い夏用ワックスを寒い冬に使っても硬くなりすぎてグリップを発揮しません。

大きく別けて次の5種類程度になると思います。メーカーによって分類や対応温度が違ってくるので、使っているメーカーの適正ワックスを確認して下さい。

BASE下地専用ワックス
TROPICAL水温の高い夏用
WARM水温が上がってきた初夏用
COOL比較的水温が低い春秋用
COLD水温が冷たい冬用

中には1つで済むタイプのもありますが、個人的にはベースワックスとトップワックスが別れているタイプのワックスがお勧めです。ベースワックスはベース専用に作られているだけのことはあって、サーフボードに付着しやすくツブツブが作りやすいです。
ワックスを塗る範囲
ワックスはサーフボードと体が接する箇所全てに対して塗ります。足を置くスタンス部分はもちろんのこと、パドリングする際に腹ばいになる箇所、波待ちで座る箇所、スタンドアップの際に手を付く箇所などです。ロングボードで板の上を歩く場合はほぼ全面にワックスが必要です。

ワックスを塗る範囲

ちょうど写真の印の辺りに塗れば大丈夫です。
広すぎて困ることは有りませんが狭すぎると困るので少し広めに塗っておきましょう。
ワックスの塗り方
※ ワックスの付き具合が変わってくるのでサーフボードは塗る前にキレイにしておいて下さい。

1. ベースワックスを格子状に塗る

最初はベースワックスを塗っていきます。ワックスの角の部分を使って数cm感覚で斜めに格子状に線を引きます。ここで引いた線をメインにワックスが付着していきます。

ワックスの角を使って 格子状に線を引く

2. ベースワックスを楕円状に塗る

ワックスの面を使い、縦方向に楕円状に塗っていきます。

ワックス面を使って 楕円状に塗る

力を入れすぎず、摩擦熱でワックスがボードに付着する感覚で塗ります。

ワックスが付き始める

こんな感じでワックスが付き始めます。

ツブツブが出来る

さらに塗っていくと、ワックスのツブツブが出来てきます。

3. トップワックスを塗る

ベースワックスのツブツブが出来上がるとその上にトップワックスを塗ります。ベースワックスに比べて柔らかいので軽く塗るだけでワックスが付着します。ツブツブに乗せる感じで塗っていきます。

トップワックスが終われば完了です。後は海に入るたびに、入る前に軽くトップワックスを塗ります。ずっと使っているとグリップが悪くなってきますので、その場合は一度ワックスを落として塗り直して下さい。少なくとも季節の変わり目ごとには塗り替えるようにしましょう。

最初は力加減が分りにくいですが、回数をこなすとだんだんとワックスがボードとの摩擦で付着する感覚が分ってくると思います。
ワックスの取り方・落し方
スクレーパーとリムーバー液

ワックスは写真右のスクレーパー(専用のヘラ、コーム)と写真左のリムーバー液で落とします。

1. スクレーパーで削り取る

スクレーパーで削る

まずサーフボードの表面についているワックスのつぶつぶをスクレーパーを用いて削り取ります。長期間使用したワックスは硬くなっていることが多いので、それなりに力は入れますがサーフボードを傷付けないように削り取って下さい。

2. リムーバー液で拭き取る

リムーバー液で拭き取る

スクレーパーでつぶつぶを削り取ると表面に薄くワックスが残ります。残ったワックスをキッチンペーパーにつけたリムーバー液で拭き取って行きます。表面にリムーバー液が残っていると次に塗るワックスが付着しないので、乾いたキッチンペーパー等でしっかり拭き取ります。
その他注意点
袋に入れて保管

ワックスは非常に熱に弱いです。夏場の車中は確実に溶けます。海に持って行く場合は溶けたワックスが流れ出さないようにビニール袋に入れて保管しましょう。