ウェットスーツ

ウェットスーツは形状や素材によっていろいろな種類があり、気温や水温によって使い分けます。
防寒対策だけではなく、夏場でも日焼けや擦り傷等の怪我から体を守るために使用します。
セミドライ
セミドライ 真冬に使うウェットスーツです。ウェットスーツ内部に海水が入ってこないように作られており、防水ファスナーや、保温性のある裏地素材が用いられています。保温性が高い反面、生地が厚くて少し動きにくいところが難点です。
フル(フルスーツ)
フル(フルスーツ) 簡単にいうと長袖・長ズボンのウェットスーツです。気温水温共に低い冬に用います。厚さは5mmと3mmが主流。セミドライと違いウェットスーツ内部に海水が入ってきます。その入ってきた海水と体温によってウェットスーツ内の保温効果が保たれるように作られています。セミドライより薄手のため、肩周りなど動かしやすいウェットスーツです。
シーガル
シーガル 半袖・長ズボンです。春から初夏にかけて外気は暖かいが海水が冷たいようなコンディションで使うウェットスーツです。
ロンスプ(ロングスリーブスプリング)
ロンスプ(ロングスリーブスプリング) 長袖・半ズボンです。秋から初冬にかけて水温は暖かいが気温が低いようなコンディションで使うウェットスーツです。
スプリング
スプリング 半袖・半ズボンです。夏場に使うウェットスーツです。
タッパー
タッパー 上半身のみのウェットスーツです。長袖・半袖があります。厚さは3mmから薄いものだと1mmまであります。
ラッシュガード
ラッシュガード ウェットスーツ素材ではなく、伸縮性の良いナイロン製シャツです。日焼け防止やボードとの摩擦による擦り傷を防止します。
海水の温度や気温は地域によって違います。ウェットスーツを買う場合は実際に海に入っているサーファーを見て参考にするか、地域のサーフショップで相談しましょう。