ウェットスーツの取り扱い

塩分を洗い流す
海から上がったらウェットスーツはなるべく早めに洗いましょう。砂やワックスを洗い流すのはもちろんですが、一番の目的は海水に含まれる塩分です。塩分を放っておくとファスナーの動きが悪くなったりゴムが劣化する原因になるのでしっかりと洗い落として下さい。

塩分を落とすために真水で洗います。海から上がったらショップのシャワーや、持って行ったポリタンクの真水で一通り海水を洗い流し、家に帰ってからでいいので庭やお風呂場で真水につけて少し置いておくと塩を抜くことが出来ます。

またウェットスーツを洗う際はお湯ではなく水で洗うようにしましょう。一見お湯の方が汚れが落ちそうですが、お湯を使うとウェットスーツに用いられている接着剤が溶けてしまいます。くれぐれもウェットスーツを洗う際はお湯は使わないで下さい。
保管方法
ウェットスーツ ハンガー ウェットスーツは保管方法も重要です。写真のような肩幅の広いウェットスーツ専用のハンガーにかけておきます。決して折りたたまないで下さい。ゴムの中にたくさんの小さな気泡があり、その気泡によって保温性を高めています。折りたたんでしまうと折り目になった部分のゴムが潰れてしまい、ウェットスーツとしての保温機能が低下してしまいます。
これだけでウェットスーツの持ちが違ってくるのでちゃんと手入れしましょう。